これさえあれば何もいらない?便利な鍋を紹介します

どんな料理に使えるの?

毎日のようにキッチンへ立ち様々な料理を作っていると、どんどん調理器具が増えていく。その調理器具に圧迫されて収納が足りなくなったり、不要なものが出てきたりしていませんか?調理器具はキッチンに立つ方のこだわりもありますので、絶対にコレでなくてはいけないというルールはありません。しかしあまりにも集めすぎてしまうと不便ですし、見栄えも良くありません。
そんなアナタに朗報です!なんと1台で6役もの役割を持つ調理器具があり、煮る・焼く・蒸すといった基本の調理方法はもちろんの事、温める・圧力をかけるといった様々な調理が出来るようになっています。これがあればキッチンの収納にも困りませんし、料理のウデもアップするかもしれません。
今回は調理器具の使い方はもちろんですが、手入れ方法や使うにあたって注意すべきポイントを公開しています。ちなみに一昔前の調理器具と言えばフライパン・両手鍋といったスタンダードなものばかりでした。しかもコーティングがされていない事がほとんどなので火加減が難しく料理が焦げ付きやすい、またはすぐに傷んでしまうというデメリットがありました。
オーブンやレンジといった電子調理器具もありますが、機能に乏しく料理のレパートリーが大きく広がるのは考えにくかったのです。しかし現代にはこんなに便利な製品がありますので、ぜひ活用して頂ければと思います。料理のレパートリーが増えると作っている本人も楽しめますし、料理を頂く家族も嬉しくなり一石二鳥です。

≫ TOPへもどる